『事上磨錬』・・・ 人須在事上磨錬做功夫、乃有u。 若只好靜、遇事便亂、終無長進、那靜時功夫亦差。

2009年02月28日

麻雀牌を求めてセントラルマーケットへ・・・

カンボジア生活44日目

今日は土曜日なのでお休みでした。

昼間にカンボジア先生と2人でセントラルマーケットへ
CIMG1330.JPG

さすがはプノンペンの台所!食料品から日用雑貨まであらゆる商品が揃っており、とても広い所でした。
食べ物で虫(怪しい昆虫や蛆虫)や蜂の巣も売ってました・・・@@;
さすがにチャレンジしませんでしたけどね・・・

今日セントラルマーケットへ行った理由は、麻雀牌を買うためです。^^;(笑)

カンボジアでは道端でトランプを打つ人たちをよく見かけます。
みんなトランプで白昼堂々と博打をしてるんです。
生徒達に「トランプは好きか?」と聞くと多数の生徒が嫌いと言います。
カンボジアではトランプ=ギャンブルであり博打というイメージのようです。
一方、「麻雀を知ってる人?」と聞くと多数が知りません・・・
知ってても中国のゲーム?というイメージ
逆に日本では麻雀のイメージは良くありませんね・・・
今は昔に比べてイメージはだいぶ向上してきたと思えますが、まだまだギャンブルの印象が強いと思います。

僕は麻雀が好きです。

ギャンブルとしてと言うより麻雀は人間性が良く表れるゲームだと思います。
麻雀をやってて気付く事も多いですしね・・・
欲深さや注意力の散漫等々・・・色々な心が浮き彫りに・・・(笑)

そんなやってて面白い麻雀をカンボジアに広めるべく!(大袈裟)
最初は数人の学生に教えてあげるだけですが・・・

麻雀は日本の文化!そして、悪いイメージを払拭したい!

そんな熱いの思いを胸に秘めて・・・マーケットをサバイバルしていると・・・・
仏像等を売っている店を発見!!
早速聞き込み調査!!
CIMG1332.JPG
動物の牙なども売っていたのでもしや・・・
CIMG1333.JPG
そして、話をしていたお姉さんが「麻雀あるよ!!!」と言うじゃありませんかっ!!!

見せて下さいと言うと・・・

「ここにはありません・・・家にあります♪」(満面の笑みで)


家かよっ!!(爆)




結局・・・売ってませんでした。



今度は別のマーケットを探してみます。^^;



次回、サバイバル外伝「麻雀牌を探せ!」をお楽しみに・・・


つづく・・・



明日の日曜日はスモーキーマウンテン(ゴミ山)へ見学へ行ってきます。
明日の夜にレポート書きます。
posted by ジン at 22:51| バンコク ☁| Comment(0) | Cambodia Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

カンボジアへ来て感じたことや思ったこと

カンボジア生活43日目

昨日消えてしまったので・・・今日こそは書きます。(笑)


まず、カンボジアの平均寿命は50歳です。
日本に比べると非常に低いですね、カンボジアに病院はありますが、医療レベルはまだまだ低いと言えます。
約30年前のポル・ポト政権時代に「腐ったリンゴは、箱ごと捨てなくてはならない」と唱えて、政治の反対勢力を虐殺・・・
カンボジアの全人口の3分の1を虐殺したそうです・・・
眼鏡をかけているだけで、お前は俺(ポル・ポト)より頭が良いと思われ処刑された例もあるそうです。
その結果、現在生きていればカンボジアを背負っているであろう30代〜40代が非常に少ない状態なのです。
それが医療やその他の産業等の発展に影響していると思えますね

後、伝わり難いかもしれませんが、コップに飲み水があります。
そのコップの水を少し飲んで水が余りました。日本でしたら、何も考えずに流し台に流して捨てるかと思います。僕もそうです。
別に悪いこともなく、日常的なことだと思います。

しかし、カンボジアでは、その水を流して捨てることをしません・・・
歩いて外まで行き、植物や木に分け与えるのです。
明らかに流して捨てた方が早いのですが、外まで行き植物に水をかけるんです。それが日常的であり習慣となっているのです。
水を粗末にしないということと、同じい生きているもの同士で分け与えるという心・・・
カンボジアへ来てその行動を見て、僕は本当に大切なものは目に見えないんだと改めて思いましたね・・・
水もあって当たり前じゃないのです。

かつてマザー・テレサが世界に貧しい国が2つあると言いました。

一つは物質的に貧しい国「インド」
もう一つは心の貧しい国「日本」

僕も日本人なので、日本を悪く言うつもりはありませんが、日本で起こっている日々の心無い事件の数々・・・
そして、自殺者が年間3万人を超えている現実・・・

日本は物質的に豊かになりすぎた結果、大切なモノを失くしてしまった気がします。
終わりの見えない競争社会・・・
勝ち組だ負け組みだと差別・・・

今の日本の豊かさは、誰かの犠牲の上に成り立っている豊かさではないでしょうか?
これは本当の豊かさとは言えないですよね

これに気付いている人はどれだけいるだろうか?

勝てば官軍、負けることに意義なんて何もない!と言う方もいますが、本当にそうでしょうか?
勝ちも負けも2つで一つなんです。
分けてものを見るから心が歪みます。勝ち続けてきた人がちょっと負けただけで自殺したりしてしまう心の弱さもここにあるんではないかと・・・

カンボジアへ来て、今まで以上に客観的に日本を見ることができます。

今必要なのは「思い遣りの心」自分以上に他人の事を思い遣れたら・・・
皆がそういう心だったら・・・

自分の事だけではなく、時には自分を犠牲にしてまでも他人を思う心を持ち行動できる人が1人でも多くなればと思います。


昨日消えた文と多少変わりましたが・・・
終わりです。
posted by ジン at 22:11| バンコク ☀| Comment(2) | Cambodia Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

カンボジア生活42日目

今日は「カンボジアへ来て感じたこと」と題して真面目に1時間位かけて書いていましたが、ほんの数秒の停電で全部消えました・・・


疲れたので今日は書きません・・・


この行き場の無い怒り!!!

非常にイライラしてます・・・


GINでも飲みます。

うおおおおおおおお!
posted by ジン at 21:33| バンコク ☀| Comment(0) | Cambodia Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポラリス ポスト Volume 20

ポラリスのコーディネーターの藤原が、韓国・ソウルでの講演後、
二つのNGOに伺いました。人身売買や性売買の被害者支援のために、
行政から委託されたNGOです。

ひとつはソウル郊外にあるドゥレバン(My Sisters' Place)というNGO、
事務所の隣は大きな米軍基地で、
周辺の性産業に携わる女性達の駆け込み寺的な存在です。

もうひとつは、ソウル一大きな反性売買NGO、タシハムケセンターです。
タシハムケセンターでは、日本でも有名なBBクリームなどのコスメブランド、FACESHOP
のコットンや綿棒などに相談電話のラベルを貼ってアウトリーチをしています。

法が整備され、性の売買が禁止された韓国では、それでも違法な
性売買がなくなりませんが、性を買うことが女性への暴力であると認識している
人たちが、法施行後3年間で市民のなんと9割に!!

学校の性教育でも性売買が取り上げられ、若い世代の意識がかわりつつあります
!!

日本でも、いつか法がきちんと整備され、もっともっと人身取引、
性売買についての意識が広がるといいですね!

ポラリスHPで、この二つのNGOの活動など、詳しく紹介しているの続きはこちらへ

http://www.polarisproject.jp/news/42-news/309-koreafeb2009
posted by ジン at 18:09| バンコク ☀| Comment(0) | ポラリスプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

水曜日は歌の授業〜ウォッカをストレートで@@

カンボジア生活41日目


今日は歌の授業ということで、昼間にウキウキしていると・・・


なんと!シンガーソングライターの森源太さんがCDを持ってきてくれました!!

森源太さんは僕がカンボジアに来る2、3週間前に学校でライブを開催してくれた方です。
CIMG1325.JPG
日本でママチャリ日本一周路上ライブを全財産3000円でやり抜いた男の中の男!!
凄いですよね〜
彼は日本やカンボジアの学校でライブや講演を行っているそうで、来月3月27日にカンボジアでライブを開催するそうで、生徒、先生達全員で参加する予定です。


さて、夜間は歌の授業♪
生徒以上にテンションの高いのは・・・僕です・・・^^;

CIMG1315.JPG
CIMG1311.JPG
CIMG1313.JPG
班ごとに歌の練習〜
歌詞の印刷されている写真・・・14歳の時一人で東京・・・とありますが、15歳の間違いです。^^;
日に日に歌が上達しつつあります。嬉しい限りですね〜
ぐだぐだですがmixiに動画をUPしてありますので、良かったらご覧下さい。(笑)

夜間授業が終わった後、外でいつものトクトクの兄ちゃんがトクトクを洗車してたのでパシャ!(笑)
CIMG1328.JPG
いつもの口癖「寒い!寒い!」を僕が連呼すると・・・
トクトク兄ちゃんが「Do you like wine?」
僕・・・ワインならと「Of course!」(笑)

トクトクのトランクから取り出したのはこれ↓
CIMG1329.JPG
ワインしてはビンがなんか・・・違う・・・?

ロシアンウォッカ!!?@@;
何故かストレートでぐびぐび飲まされ・・・@@
僕は「暑い!暑い!ホット!ホット!喉がホット!」と言って大笑い

もちろん僕も仕返しにGINをストレートで飲ませましたがね・・・(笑)
彼はやっぱり陽気でノリノリなカンボジア人♪

彼に次の日曜日にトクトクでスモーキーマウンテンへ乗せてってもらいます。
posted by ジン at 22:54| バンコク ☀| Comment(0) | Cambodia Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ai Kawashima Concert Tour 2009

あいさんのコンサートツアー決定したようです。

僕は行けませんけどね・・・たらーっ(汗)

☆Ai Kawashima Concert Tour 2009☆

6月09日(火) 18:00開場 19:00開演 Zepp Nagoya
6月11日(木) 18:00開場 18:30開演 岡山市民会館
6月12日(金) 18:00開場 18:30開演 大分・iichikoグランシアター
6月14日(日) 17:00開場 17:30開演 山口・光市民ホール
6月16日(火) 18:15開場 19:00開演 和歌山市民会館
6月17日(水) 18:00開場 18:30開演 徳島県郷土文化会館
6月19日(金) 18:00開場 19:00開演 神奈川・ハーモニーホール座間
6月22日(月) 18:15開場 19:00開演 NHK大阪ホール
7月07日(火) 18:30開場 19:00開演 Zepp Sapporo
7月10日(金) 18:30開場 19:00開演 秋田県児童会館
7月12日(日) 16:30開場 17:00開演 仙台イズミティ21・小ホール
7月13日(月) 18:00開場 19:00開演 栃木県総合文化センター
7月18日(土) 17:30開場 18:30開演 沖縄・桜坂セントラル

今年は更に進化した川嶋あいさんが見れそうですね〜
行かれる予定の方は楽しんできて下さい!

僕はカンボジアで大人しくしてます・・・(残念)
posted by ジン at 13:34| バンコク ☀| Comment(0) | Ai Kawashima | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

写真展へ行ってきました!

カンボジア生活40日目

今日は、昼間に『〜安西直紀写真展〜 それぞれの若者たちの未来 in プノンペン』を見に行ってきました。目
場所はプノンペンのウナロム寺院内ひろしまハウス

昨日の夕方に安西直紀さんと仲間の方々が学校へ訪問してくださり色々とお話をされ、プノンペンへは写真展を開くために来たというお話を聞くことができ、写真展は本日が最終日ということなので、行ってきました。
CIMG1241.JPG
CIMG1243.JPG
CIMG1244.JPG
CIMG1245.JPG
カンボジアでは写真展という概念がないそうで、中々現地の人が来ないそうで、苦戦をされたそうです。バッド(下向き矢印)
CIMG1247.JPG
安西さんが代表を務める「向風学校」について色々とお話を聞かせて頂きました。耳
CIMG1278.JPG
ひろしまハウスから見た外の風景
CIMG1282.JPG
最後は皆でファイティングポーズで記念撮影(笑)
青いシャツの方が安西さんです。赤シャツの弱々しいポーズが僕です。(笑)

安西さんはとても気さくなお方でしたが、内面に熱い気持ちを持った人だと強く感じました。
これからは中国の北京へ向かうとのことでしたので、旅の無事を心から祈っております。安西さん、お仲間の皆さん、本当にありがとうございました。ぴかぴか(新しい)

安西さんの活動されているHPです。
色々な活動を実践されていて読むと面白いですよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
大日本山岳部
http://www.sangakubu.com/
posted by ジン at 21:07| バンコク ☀| Comment(0) | Cambodia Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

JAPF(日本アジア振興財団)の方々が来校

カンボジア生活39日目

今日は日本からのスタディーツアーの一環で「日本アジア振興財団」の大学生達が18名訪問して下さいました。

学生の方々は生徒達に「折り紙」で鶴の折り方や新聞紙でカブトの作り方を教えてくれました。
日本の学生さん達も、カンボジアの学生達もお互いが交流することで、色々と刺激にもなり、有意義な時間を過ごせたようで良かったです。
CIMG1238.JPG
CIMG1237.JPG


☆おまけ☆

今夜の晩飯みたいなの

CIMG1240.JPG
ジンだけにジンが好きです。(笑)
安いジンをトニックウォーターやコーラで割って飲んでます。
おつまみはグリーンピース

そして、辛いカップ麺
posted by ジン at 22:17| バンコク ☀| Comment(0) | Cambodia Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

カンボジアの結婚式で寝不足

カンボジア生活38日目

昨夜はカンボジアの結婚式が学校の側であったので・・・寝不足です。
カンボジアの結婚式は道路(公道)で行われます。
CIMG1219.JPG
お巡りさんに少しお小遣いを渡しておけばOKだそうです。(笑)
日本ではありえないですね〜

そして、結婚式は夜中の1時頃まで道路で大音量の音楽!
これで寝れませんでしたね〜@@;
やっと静かになったと思いきや・・・

早朝4時頃からまた大音量でスタート!
これで目が覚めました。@@

長いとこれが2〜3日続くこともあるそうです。(爆)

幸いに1日だけでしたので助かりました。^^;

今日は寝不足のまま、CJCCで行われた「日本語スピーチコンテスト」へ
カンボジア人の日本語スピーチは皆上手かったですよ〜
僕の学校は残念ながら入賞できませんでしたが、みんなそれぞれ悔いは残っていないとのことだったので、良かったと思います。
CIMG1227.JPG


☆おまけ☆
昨日の夕食
日本語スピーチコンテストの壮行会を兼ねて、カンボジアの焼肉(!?)
CIMG1215.JPG
肉は串刺しになった、焼き鳥みたいな感じです。(味はまあまあ)
パン(フランスパン)が美味しかったですね〜
元々フランスの植民地だったカンボジア。植民地時代からフランスパン作りは受け継がれているようです。

CIMG1217.JPG
怪しいジュース(スティング)
昔に駄菓子屋で売っていたような・・・・懐かしい味でした。^^;

可もなく不可もなく(笑)
posted by ジン at 21:49| バンコク ☀| Comment(0) | Cambodia Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

S21 トゥール・スレン虐殺博物館を見学

カンボジア生活37日目

今日は休日なので、一人でトゥール・スレン虐殺博物館へサバイバルに行きました。
ポルポト時代に多くの人が収監され・・・生きて出られないと恐れられていた場所・・・

2年9ヶ月の間に14,000〜20,000人が収容されたと言われ、そのうち生還できたのは8人(現在身元が分かっているのは7名)のみであった(これまでは7人とされていたが、2007年、別の刑務所に移送されたため生き残った女性一名が名乗り出た)ウィキペディアより引用


※先に書いておきますが、この先に掲載されている写真は猟奇的な表現が多いです。お気をつけ下さい・・・



学校からバイクタクシーで約10分でトゥール・スレンに到着

元々は学校跡地なので外見はそんなに怖くありません

CIMG1128.JPG
入り口で入場料2$を支払いました。
CIMG1132.JPG
ここまでは普通の学校跡地ですね・・・
CIMG1137.JPG
建物の壁に怪しげな看板が・・・
後でカンボジア人に聞いた所「笑うこと禁止」のマークだそうです。

CIMG1138.JPG
CIMG1140.JPG
CIMG1141.JPG
CIMG1142.JPG
CIMG1144.JPG
CIMG1148.JPG
酷すぎる・・・言葉になりません・・・
各部屋へ入る度に、寒気と吐き気を覚え、これが人のやることなのか?・・・と現実を疑いました・・・
CIMG1153.JPG
CIMG1155.JPG
外での拷問・・・
今も当時の拷問器具が残ってます・・・
CIMG1157.JPG
CIMG1159.JPG
CIMG1160.JPG
札を付けているのが収容者の人々・・・

CIMG1163.JPG
CIMG1171.JPG
CIMG1178.JPG
CIMG1179.JPG
CIMG1182.JPG
CIMG1184.JPG
ウィキペディアより引用〜
拷問が激化するのと、S21が生きては出られぬ収容所となったのは軌を一にしているが、「一度収容された囚人は有罪と決まっている→拷問し処刑する→S21の拷問と虐殺の実態が外部に漏れぬようにするため、ますます囚人を何が何でも有罪にして処刑しなければならない→さらに拷問が激化する」と言う悪循環に陥っていた点では、ナチスドイツの強制収容所などと通底するものがある。〜引用終わり

まさに地獄絵図・・・・
阿鼻叫喚です・・・・
日本に居るころは歴史の勉強等で少しは学び、知識はありましたが・・・実際に現地に来て見ると全く違います。
心が酷く痛いです・・・
そして、自分自身という1人の人間の無力感を感じました。
CIMG1180.JPG
CIMG1181.JPG
日本からも平和使節団の方々が来られたようで、千羽鶴が置いてありました。
これからは戦争の無い平和な世の中であって欲しいです。
CIMG1186.JPG
CIMG1196.JPG
CIMG1194.JPG
CIMG1210.JPG
収容者の人々が入れられていた独房・・・
トイレは弾薬庫のケースだそうです・・・
CIMG1210.JPG
収容所の廊下から見る景色・・・
有刺鉄線に囲まれて・・・この風景をどんな気持ちで見ていたのかと思うと・・・胸が締め付けられ、涙が出ました・・・

今年のつい先日2月17日より、このトゥール・スレンの元所長の裁判がやっと開廷したこともあり、多くの人々が見学に来てました。
皆が皆、顔を歪め、悲痛の表情で展示物を見ていた印象が強かったです。

次回のサバイバルはキリングフィールドを予定してます。
キリングフィールドとは、トゥール・スレンに収容されていた人々の処刑場です・・・

※トゥール・スレンで撮影した写真は他にもあります。
posted by ジン at 23:10| バンコク ☀| Comment(2) | Cambodia Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。