『事上磨錬』・・・ 人須在事上磨錬做功夫、乃有u。 若只好靜、遇事便亂、終無長進、那靜時功夫亦差。

2009年04月30日

落語でチベット問題!?

カンボジア生活105日目

今日はひょんなことから落語でチベット問題を訴える活動をされている落語家の桂七福さんという方とSNSを通じて知り合うことができました。

少しご紹介させて頂きます。
以下桂七福さんのHPより引用↓
チベットの問題を落語で分かりやすく伝えるために「チベット落語」の口演活動にも力を注いでいます。反中国思想を煽るものではなく、大切な何かを知るきっかけに落語の演出方法を借りているのです。大きな声で世界平和を語ることは最高にダサクて格好いいと思っています。

チベット落語についてもSNSがきっかけで誕生したとのことで、今年の4月から取り組み始めたそうです。これからが楽しみですね!
機会があれば一度聴いてみたいものです。

チベット落語が大きな一歩を歩みだすイベント↓

■ダライ・ラマと西方寺住職会談記念1:「大チベット祭」
日時:平成21年5月7日(木)〜5月11日(月)
会場:西方寺 / 入場無料!
目的:チベット支援(期間中の利益は全額チベットへ寄附されます)
後援:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 / 善光寺 他

落語会は、この期間中の、
 5月9日(土) 18:30〜19:30
会場は、西方寺・庫裡大広間。
落語会は有料のイベントで、 参加費は2000円


桂七福さんは、他に福祉や人権、子育てについても幅広く講演活動をされているようです。
興味のある方は一度見てみて下さい。目


桂七福さん公式HP
http://ww8.tiki.ne.jp/~shichifuku/top.html

新たなチャレンジを熱く取り組む方に出会えて本当に幸せです。わーい(嬉しい顔)

僕も色々と学ばせて頂きますexclamation×2
ありがとうございます。ぴかぴか(新しい)ご縁に感謝します。ぴかぴか(新しい)


posted by ジン at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FREE TIBET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蛙中毒〜バイク盗んで袋叩き

相次ぐ蛙中毒、児童1名死亡

シエムリアプ州モンドル3村に住む4人の児童が26日午前8時、雨上がりの蛙を捕まえて3人の大人と一緒に食べたところ、7人全員が中毒症状を発し、児童の1人サウ=ソパラットが同日午前10時30分死亡した。

彼の兄弟1人は重症で、クンテア=ボパー小児病院に今も収容されている。残りの児童2名は、病院に搬送されたのち回復し、同日夜に帰宅した。大人3名は、シエムリアプ州病院で治療を受け、注射を打たれた。

ソパラットの父はプレア=ヴィヒアを守るカンボジア王国軍の兵士。今回の悲劇は、ちょうど休暇で帰省していた時の出来事だった。本来、今週頭には帰隊しなければならない予定だったが、村長により、もう1週間残ることが許された。

同村にあるニュー ホープ コミュニティ センターのケム=スオ所長によると、この種類の蛙は肉は無毒だがわたに毒があり、とくに豪雨の後の妊娠した雌蛙は毒性が強いという。ここの村人は貧しくて野生の生物ばかり食べている、と同所長。

同センターのケリー=ハントリー代表によると、村人が蛙を食べて中毒になったのは今回が初めてではない。

「3ヶ月ほど前には、兵隊さんの3歳と5歳の女の子が蛙を捕って焼いて食べて、激しく中毒症状を発した。3歳の子は一時は助からないかと思われたが、一命を取り留めた。こんな物まで彼らが食べなければならないのは貧乏のせい」と同代表。

ソパラットは同日午後、木のテーブルから作られた小さな棺に入れられた。金色のアルミホイルで飾り付けを施された棺は、行列に伴われて村々を巡り、蛙を食べることの危険を人々に知らせた。

家は貧しく、葬式代250ドルを捻出することもできなかったが、同センターが肩代わりした。これについて同センターが電子メール募金を募ったところ、たちまち1,000ドル以上の浄財が集まった。

「残ったお金は、この家族の壊れそうな家の修理代に充てたい」と同代表。また同センターは、亡くなったソパラットの弟たちの教育資金も提供していく方針だ。


2009年04月29日
カンボジアウォッチ編集部



バイク盗んで袋叩き、死亡
カンボジアの首都プノンペンの近郊にあるカンダール州ポニア=ルー郡クワン地区ター=コーク村で25日、プノンペン市ドーン=ペニ区バン=レアン町から親戚を訪れていたムアン=ティダー(21)が一人の女性のオートバイを盗んだところ、村人たちから袋叩きに遭い、死亡した。

オン=スヌオル郡警察は、カンダール州オン=スヌオル郡プンサン地区4村に住む共犯のアオ=ソムボット(39)を逮捕した。

警察によれば、二人はこれまでにも4回強盗を働いて成功している。二人は銃器は所有しておらず、女性のみを狙っていたという。

2009年04月29日
カンボジアウォッチ編集部

 
カンボジアウォッチ
http://www.cambodiawatch.net/


Life is cool

昼食から思うこと〜他

カンボジア生活104日目

日本はもうGWに入ったようですね
カンボジアは平日です。(苦笑)

しかし、日本のGWと入れ替わりで5月8日〜5月17日まで10連休です。
日本には帰りませんが、またどこか旅にでも出ようか・・・と考え中です。

さて、生徒達と昼食を共に食べて始めて数日が経ちます。

昼食の様子を簡単に書くと、お金が無くて白米だけを持ってくる生徒とおかずを沢山持ってくる生徒も居ます。そして、何ももって来れない生徒も居ます。
皆で囲んで座り、おかずは皆でシェアし、分け合うのです。この光景はごく自然なんです。

僕が最初に混ざった時なんかは、皆が「先生これ食べて下さい」といろいろな食べ物を差し出してくれました。

僕は「皆の昼食だから皆で食べて」と断りましたが、このような状況でも笑顔でごく自然に振舞うことができるなんて・・・・

胸が締め付けられる思いでしたね・・・

みんな本当に優しいです。もうやだ〜(悲しい顔)


夜間クラスの近況

夜間は月曜日にテスト結果と面談結果をもとにクラス変更

旧クラスの皆と記念撮影わーい(嬉しい顔)
CIMG3167.JPG
みんな最高の笑顔ですexclamation×2

2日前からスタートした新カリキュラム目
夜間での日本文化は廃止となり、僕は日本語能力試験3級対策として、聴解を主に教えることになりました。また、「エリンが挑戦!にほんごできます。」というDVDを使った学習もしていきます。パンチ


パワーをもらえる歌音楽
大好きなtwenty4-7からGet A Life

まだ見たことのない世界 あるはずなのに君は
たまには空を見上げて 綺麗だと感じられる心を
忘れてはいないだろうか? 本当に大切なことを
思い返せば きっと答えが見えてくるから・・・


今日も一日ありがとうございます。ぴかぴか(新しい)感謝します。ぴかぴか(新しい)

おやすみなさい。眠い(睡眠)
posted by ジン at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Cambodia Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

孟子から学ぶ

今日は少し時間があるので日ごろの悩みであるカンボジアの生徒達のことと、自分自身教える立場であり、先生とはどうあるべきか?等など・・・
色々とウェブサイトを見ていたら気になるコラムがありました。

教えるべきか、発憤を待って教えざるべきか

※9年前に書かれたコラムです。 

以前、新聞を読んで考えさせられましたが、今の高校の教師が高校生を教える時には、あたかも食べ物を口元に運ぶかのようにしなければ生徒は理解しようとしないとありました。
 私自身塾講師としての経験を持っていて、成績が伸びない理由について生徒側の言い訳は学校の授業についていけない、興味を持てない、学校の先生と馬が合わない、感情的・生理的に先生との時間・空間を共有したくないなど、さまざまでした。それこそ教育心理学のテキストに詳説されていないものです。これは他人を意識し自我を意識しアイデンティティ確立しようとする時に現れる葛藤によってもたらされた現象と考えられますが、おおよその人はそのような感情に惑わされ反抗的態度に染まった時期があるのでしょう。この時期をどのように乗り越えるかは各人の資質・環境によって様々でしょう。未熟・不安定な精神状態にある生徒側は自己の主張をとかく正当化しようとします。ただ教える側はそのわがままを助長させることないよう適切に対処せねばなりません。
 かつての日本は学歴・偏差値が一番とばかり人間性を損なってまで生徒を追い立てた観があります。目標へ近づけさせようという思い入れが体罰の容認となり、それに対する反省・反動に起因するのか校内暴力が日常茶飯事になった時期もありました。情念によって支配されている精神的に半ば白紙状態の生徒を社会的認知のない方向へは導きがたい。かといって、その生徒の資質にあった方向に導こうとするには、今の日本職種に対する貴賎感覚が全くなくなったわけでもなく、他方少子化によって一部の教育機関は生き残りに専念しようとしている面もあり、また、その子の両親の受験当時の状況とはかなり様相が変わっており親の助言・要望はかえって子供を混乱に陥れてしまう場合もあり問題を複雑にしています。
 学歴が上がればそれにつれて生活が安定するというのは、もはや過去の話であり、日本人それぞれが日々世界の政治体制・経済の趨勢に影響を被る中では、かつて社会的認知を確実に得た職種もこの価値観の流動の中では定位置を保ちがたくなっています。勢い、老後のことまでを考え財産を多く貯めるか、個人的に限界を諦観した上で自分なりの満足を得ることにするかの二極化ともなりえません。
 さて、日本に住み続ける以上、価値観の流動などは毎年変わるファッションの変動と同じであり、日本人には何故かそのような変動を受け入れる体質ができあがっているとして話を戻すと、高学歴で収入が多く安定している人はほんのわずかです。高学歴の人は毎年生産されているわけであり今ではかつてのように一握りの存在でもなく、旧帝大の卒業者が未だこの日本の枢軸を牛耳っているわけでもありません。学問することは立身出世の必須条件ですが、学問することが必ずしも経済的富裕ともともと直結しているわけではありません。
 では、何のために学問が必要なのでしょうか。一口に学問と言っても社会を理論的にとらえあるべき様を想定する社会学・経済学、日常に見られる現象を解析する物理学・数学その他多岐にわたっており、また一個人ではすべてを考究・修得しうるものではなくなってしまいました。伝統的な倫理説に立った上でのものですが、学問は昔から言われているとおり自分自身を高めるためです。あるいは、公を利するためのものです。学問の領域によって性格上一方のみに偏ったり、両者を包摂するものがありますが、学問を皆が尊ぶ理由もここにあります。
 学問修得には、記憶力・理解の速さが要求されます。特に高校卒業後、あるいはその後数年間のうちに大学進学をするのが常識となっている日本では、大学が課す入試問題を解く上での知識量がほとんど絶対的価値を持っているのですが、記憶されただけの受け売りの空学問は何の効力をも発揮し得ないのに、合格した本人は高学歴を得たことを誇りとし学問の存在理由を疎かにしてしまう傾向がないともいえない状況になっています。現在、有名大学であるからということで、その人物を評価することを疑問視する企業が増えてきたことは、楽観的に言えばこのような弊害に対処するためとも思われます。何よりも学問をしたからには判断力を求められるものだからでしょう。
 それでは、どうすればいいのかという具体的な方策を立てるのがこのコラムの趣意ではなく、意識改革を促すことに主眼を置いています。つまり、過度の生徒に対する心入れは生徒側の思い上がりの助長、あるいは、自立心・判断力の減衰につながりかねないのではないかと思うのです。
 教えることが教師の職務ですが、逆に教えないことも教師が判断する職務の一つと考えます。孟子は次のように言います。
  孟子曰、「教亦多術矣。予不屑之教誨也者、是亦教誨之而已矣。」(告子下・16)
 孟子は言われた。「教え方にはいろいろある。私が教えずに拒絶するのも、自省を促すためであって、これも教えることに他ならない。」と。(解釈は朱子注に拠る。)




下線の所は僕自身も薄々と感じていた所で、最近は生徒達の主体性を持って欲しいとの思いから、あまり教えず自分で考えて行動させるようにしていますが、生徒達は突き放されているように感じているのか授業中に違和感を感じます。


王陽明先生の言葉が・・・・・


知の痛切にして誠実なるところが行であり、
行の明確にして精密なるところがほ知にかにならず




知るは難く・・・・行うもまた易からず・・・・・



・・・・修養します。
posted by ジン at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 儒学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王陽明先生の詩

門下生と別れた時に書いた詩

長く続いた儒学は、はや千年
良知の二字は口伝え 
本来的な心の良知を会得しようとして、やたら手を加えてはならない
定規が円を作り出すように、良知は羅針盤だと気づきなさい
この良知は普段の生活に発揮されながら
実は天の意志・発意と直結したもの
分かれ道を前に手を握ればもう言葉はいらない
行儀よくして辛くとも別離の宴席を汚してはならない



備忘録です。
posted by ジン at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 儒学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

ポラリス ポスト Volume 23

★【5月9日(土)19時〜アートで人身取引被害者のココロに触れるセミナー】


いよいよゴールデン・ウィークですね!
不況で16連休、なんて話も聞こえてきますが、楽しい計画はございますか?
ゴールデンウィーク開けの5月9日(土)、ポラリスの連続セミナー
「子どもの性の商品化を止められるか」 第4回目が開かれます。
東京近辺にお越しの方はぜひ予定に入れておいて下さい!

かものはしプロジェクトの前カンボジアオフィス現地代表、可部さんを
お迎えし、大盛況だった第3回に引き続き、第4回は、東京工業大学特任教授
の森田明彦氏をお迎えして、カンボジアのケースを取り上げます。

第4回のテーマは、今までとちょっと感じが変わって、
「アートを使って、人身取引の被害者の気持ちを感じ取る」。

アートと、人身取引。どんな関係があるの??と思ったアナタ。
ご参加をお待ちしています。

お仕事上暴力の被害者やに会う可能性がある方、また、被害者の気持ちに
寄り添いたい方、カンボジアについてもっとよく知りたい方にも、ぜひ
ご参加を頂ければと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ポラリスプロジェクト連続セミナー「子どもの性の商品化を止められるか」
第4回〜表現アートで学ぶ、子どもの商業的性的搾取と人身売買―
カンボジアの事例〜

《内容》
2006年夏にカンボジアで森田氏が実施した、アートを活用した人身売買
被害者に対するリサーチ・ワークショップの結果を中心に、人身売買の
事例を紹介すると同時に、被害者の気持ち(心の痛み)を感じ取る、
ワークショップの一部を体験します。

アートを活用したワークショップとはどのようなものなのか。
今までのセミナーとは違った視点から人身売買、その被害者について考え、
感じる機会となります。

《講師プロフィール》
東京工業大学特任教授 森田明彦氏  博士(学術)早稲田大学。
外務省、国連開発計画、財団法人日本ユニセフ協会(広報室長)等を
経て現職。
2001年12月に横浜で開催された第2回子どもの商業的性的搾取に反対する
世界会議子ども&若者プログラム責任者。
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、シニア・アドバイザー。

《日時》
 5月9日(土)19:00〜21:00

《場所》
 JICA地球ひろば セミナールーム302号室(広尾駅徒歩1分)

《地図》
 http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

《参加費》
 一般:1,000円、学生:500円 *当日、学生証をご提示下さい。

《申し込み》
以下の申し込みフォームにご記入頂き、ご送信ください。
http://my.formman.com/form/pc/jtlfbc6KYEZPZFJm/
*お申し込み頂いた時点でお申し込み完了といたします。
 ポラリスプロジェクトから返信はいたしませんのでご了承ください。


《主催・連絡先》
 ポラリスプロジェクト キャンペーンチーム
http://www.polarisproject.jp/news/42-news/411-594

*******************************

☆女の子向けSOSサイト「ポラリス」http://www.pol214.com/

今月始めにスタートした、女の子のための相談ホームページ「ポラリス」。
HPに届く相談、電話の状況から、買春やポルノ被害にあう人たちが相談できる場
所が、
今までとても少なかったんだな、と実感しています。

今日28日、共同通信社を通して産経新聞、ロイター通信のほか、
たくさんの地方新聞にも掲載されました。
「未成年のネット相談開始 児童買春やポルノ被害で」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090427/crm0904271716013-n1.htm
(産経新聞)

と同時に、こんな事件も・・・
「新たな闇『家出サイト』…少女狙う“泊め男”、軟禁・暴行も」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090425-OYT1T00086.htm

サイト「ポラリス」では、困っている女の子たちに、「相談していいん
だよ」というメッセージを、どんどん発信して行こうと考えています。

そのために、若い世代や子どもたちがよく利用しているSNS(ソーシャル
・ネットワーキング・サイト)などに連携と協力をお願いし、広報キャン
ペーンを実施していきます。

*******************************

★4月21日、ポラリスプロジェクトは、国際基督教大学ロータリー平和センタ
 ー主催講演会で、日本の人身取引問題の現状について、お話させていただ
 きました。

★冊子「彼女におきていること〜かすかなサインを見逃さないように」
 一般販売中! http://www.polarisproject.jp/news/42-news/279-book

★人身取引関連事件簿 http://www.polarisproject.jp/cases

★ポラリス・イン・メディア http://www.polarisproject.jp/aboutus/media




ポラリスプロジェクト
http://www.polarisproject.jp





posted by ジン at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ポラリスプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

憔悴モード

カンボジア生活101〜102日目


色々と忙しすぎて憔悴しきってるジンです・・・

最近は朝8時〜夜9時頃まで毎日テストの採点や授業を考えたり書類整理をしたりと休む時間がありません><;

生徒達が好きなので苦には思いませんが、無理をしないように気をつけます。


続かるた

CIMG3150.JPG

CIMG3151.JPG

CIMG3152.JPG

CIMG3155.JPG

面白いかるた(笑)

CIMG3153.JPG

CIMG3154.JPG

CIMG3156.JPG

CIMG3157.JPG

CIMG3158.JPG

CIMG3159.JPG

授業の様子
CIMG3160.JPG

CIMG3161.JPG

CIMG3164.JPG

CIMG3165.JPG







このへんで・・・・


お疲れ様でした。







posted by ジン at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | Cambodia Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「カンボジアの豚インフル対策は万全」

「カンボジアの豚インフル対策は万全」UNFAO専門家

メキシコで103名の死者を出した豚インフルエンザの流行に関し、国連食糧農業機関のLotfi Allal最高技術顧問は、カンボジアでは2005年以来、鳥インフルエンザの調査システムが有効に機能しており、豚インフルエンザのパンデミックに対しても対策は万全だと語った。

カンボジアにはインフルエンザ検査の装備が備わっているほか、184の郡に8,000人の地方保健職員が配置されているという。

「もし何かが起きても、我々は準備万全だ。検査チェーンはすでに用意できている。研究室は機能している」とAllal。

Allalは、市場の豚を念のため検査するよう、今日27日にカンボジア政府に要請する予定だと述べた。カンボジアでは豚インフルエンザの問題は発生していないが、「警戒は継続しなければならない」とAllal。

プノンペン市保健局のヴェーン=タイ局長は、「カンボジアではこの病気の感染は発生していないので、この病気に関してあえて注意喚起はしていない。人々が怖がって、豚の価格が下がり、カンボジア経済に影響が及ぶことを恐れるからだ」と述べた。

カンボジアウォッチニュース
2009年04月27日

2009年04月26日

カンボジア生活100日目!

祝100日目(笑)

マイブームなクメールソング1


100日祝い(笑)
生徒数名と飲みに行ってきました。
CIMG3137.JPG
やっぱビアオンコー!
CIMG3132.JPG

CIMG3131.JPG

CIMG3129.JPG

実は最近ビール飲みすぎな僕です。

マイブームなクメールソング2



無事100日経過 ありがとうございます。 感謝感謝

明日からも顔晴ります。

posted by ジン at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Cambodia Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

かるたの授業〜夕方は洪水

カンボジア生活99日目

かるた授業始動手(グー)

オリジナルかるたを作成し会話、聴解の強化と共に日本の文化に触れてもらおうという試みです。

生徒達自身でかるたを作成
CIMG3095.JPG

CIMG3097.JPG

CIMG3098.JPG

CIMG3103.JPG

完成したら早速かるた遊び目
CIMG3106.JPG

CIMG3108.JPG
「い」を「ゆ」に聞き間違えておてつきをする学生や、読み札の読み方を間違えたりと、これからの授業が面白くなりそうです。

楽しみながら日本語を覚えてくれれば、僕も嬉しいです。わーい(嬉しい顔)



夕方から大雨で洪水に・・・

CIMG3109.JPG
道が川のように・・・がく〜(落胆した顔)
CIMG3110.JPG
目
CIMG3113.JPG

これから本格的な雨季に突入です。こんな光景が毎日のように続くとか・・・

現在進行中の下水道のインフラ整備が整えば、洪水もなくなるでしょうね


さて、明日は休日ですが、テストの採点作業があるのでやります。パンチ(爆)


今日も一日ありがとうございました。ぴかぴか(新しい)感謝します。ぴかぴか(新しい)



オークンチュラン黒ハート
posted by ジン at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Cambodia Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。