『事上磨錬』・・・ 人須在事上磨錬做功夫、乃有u。 若只好靜、遇事便亂、終無長進、那靜時功夫亦差。

2009年10月31日

ポラリス ポスト Volume 29

☆ 11月14日(土)19時〜 @東京ボランティアセンター
ポラリス連続セミナー「子どもの性の商品化を止められるか」第7回
〜人身売買と受け入れ大国 日本の課題〜

映画『闇の子供たち』では、タイの人身取引問題に取り組むNGOが描かれて
いましたよね。
日本でも、ポラリスをはじめ人身取引に立ち向かうNGOのネットワークが、
活動していること、ご存知ですか?

人身取引被害者の「受け入れ大国」と言われる日本。
主に、アジアや南米出身の女性や子どもたちが、性的な人身取引の被害に
よって日本にやって来ると言われています。

11月のポラリス連続セミナー「子どもの性の商品化を止められるか」では、
NGOのネットワーク「人身売買禁止ネットワーク」(JNATIP)共同代表である
吉田容子弁護士に、法律の観点から、人身取引の国際的なトレンドと日本の
立場、子どもが被害にあう人身売買と日本の人身取引対策の課題などに
ついてお話をしていただきます。ぜひご参加下さい!

*開始時間、会場が前回と異なります。ご注意下さい。
**前回のポラリスポストで18時からとお伝えしていましたが、
正しくは19時からになります。お詫びして訂正いたします。

<日時>11月14日(土)19:00〜20:30

<会場>東京ボランティアセンター会議室B
JR総武線・飯田橋駅に隣接する「セントラルプラザ」10階 
地図:http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

<講師>
吉田 容子 弁護士・立命館大学法科大学院教授
主な著作に、「人身売買をなくすために〜受入大国日本の課題」
(共著、明石書店)など

<参加費>
 一般:1,000円、学生:500円 *当日、学生証をご提示下さい。

以下のフォームにご記入頂きご送信下さい。
*お申し込み頂いた時点でお申し込み完了といたします。
ポラリスプロジェクトから返信はいたしませんのでご了承ください。

http://my.formman.com/form/pc/jtlfbc6KYEZPZFJm/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆セミナー運営のための助成金をいただきました!

ポラリス連続セミナーの運営のために、
生活協同組合パルシステム東京「市民活動助成基金」から、
ポラリスプロジェクトに助成金をいただきました。
セミナーをより充実できるよう、助成金を活用していきます!

http://www.palsystem-tokyo.coop/about/news/2009/10/2009_3.html
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★11月25日(水)千葉県主催の人身取引講演会での講演★
テーマ:「人身取引を知ろう 私たちができること」
講師:国際移住機関(IOM)駐日事務所 プログラム・マネージャー
   橋本直子氏
   ポラリスプロジェクト コーディネーター 藤原志帆子
日時:2009年11月25日(水)13時30分〜16時30分
会場:ホテル プラザ菜の花 3階(千葉県千葉市中央区長洲1-8-1)
参加無料、要事前申込(11月17日締め切り)
詳細・申し込みは:
http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/b_dankyou/main/trafficking/kouenkai21.html

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆人身取引関連事件簿 http://www.polarisproject.jp/cases

家出中の少女たちが、インターネット上で、泊まる場所や食事を提供して
くれる男性を募集。
泊めた「見返り」として、少女に性行為を迫った男が逮捕されるなど、
「出会い系サイトの代用として使われている」と問題視されています。
http://www.polarisproject.jp/cases/jp-children/88-japan-children/630

「宿泊場所や食費の見返り」に「性的な行為を要求」にとどまらず、
売春の強要や、子どもたちを撮影することで児童ポルノを作ってしまうと・・?
国連議定書では、18歳未満の子どもたちが、売春やポルノの被害にあった
場合、強制や詐欺行為がなくても、人身取引の被害者とみなしています。

ネットを介して繋がった大人から、思わぬ被害が広がる中で、
ポルノや買春の被害にあう子どもたちも増加しています。
私たち大人は、今の10代に何を伝えたらよいのでしょうか。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★ポラリスによる女の子のための「ドロップ・イン(立ち寄り場)」★
http://www.polarisproject.jp/news/42-news/589-2009-09-14-08-08-54

悩みを相談したり、ちょっとほっとつけたりする、女の子のための
居場所、ポラリスにあります。
ポラリスプロジェクトでは、2009年9月より、新しく、女の子のための
「ドロップ・イン(立ち寄り場)」を開始しました。
毎月2回、不定期に、土曜日の夜にオープンします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★ポラリス|女の子のためのSOSサイト http://www.pol214.com/
 まずはネットで相談を。困っている子にそっと教えてあげて下さい。

★冊子「彼女におきていること〜かすかなサインを見逃さないように」
 一般販売中! http://www.polarisproject.jp/news/42-news/279-book

★ポラリスコミュ@mixi http://mixi.jp/view_community.pl?id=1374560

★ザ・ボディショップで「ストップ!子どもの人身売買キャンペーン」開催
 ポラリスのサイトも紹介して頂いています。
http://www.the-body-shop.co.jp/values/stop_traffic/stop_trafficking_01.html
 読売新聞でも紹介されました。
http://www.polarisproject.jp/images/stories/media/20090918yomiurisinbun.jpg
*********************************************************************
☆1,000円が可能にする、被害者支援☆ポラリス・パートナー受付中!
http://www.polarisproject.jp/donate
今入会すると、人身取引についての小冊子をプレゼント中!

☆イーココロで、いつものオンライン・ショッピングをポラリスへの支援に
http://www.ekokoro.jp/ngo/polaris/index.html
posted by ジン at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ポラリスプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

ポラリス ポスト Volume 27

★【9月13日(日)16時〜連続セミナー:
           「夜の街の少女たち 現場の声を聞く」】


日本人の女の子が、日本で人身取引されています。

なんて聞くと、「ホントに??」と思ってしまいますよね。
でも、子どもが性産業で働くことも、人身取引の一つの形です。
ちょっとしたきっかけやトラブルから、そして脅迫など自分の意思に反して、
性産業の世界に入ってしまう子どもたちがいます。

遠い存在にみえる、夜の街の少女たち。
彼女達の話を、聞いてみませんか。

今回のセミナーは「VOICES MAGAZINE」編集長の橘ジュンさんを
お迎えします。
「VOICES MAGAZINE」は2006年から発行されているフリーペーパーで、
夜の街に集まり生きる子どもたちの葛藤や声を紹介しています。
セミナーでは渋谷や歌舞伎町で出会った少女たちの現状を売春や
児童ポルノ問題とともにお話していただきます。

※今回のセミナーは、いつもと違って日曜日開催になります。
.....................................................................
連続セミナー「子どもの性の商品化を止められるか」第6回
〜夜の街の少女たち 現場の声を聞く〜

<日時>
2009年9月13日(日)16:00-18:00

<会場>
JICA地球広場 セミナールーム302号室
(東京メトロ日比谷線広尾駅下車3番出口徒歩1分)
地図 http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

<講師>
橘 ジュン 「VOICES MAGAZINE」編集長
http://www7a.biglobe.ne.jp/~voices2006/index.html

<参加費>
 一般:1,000円、学生:500円 *当日、学生証をご提示下さい。

以下のフォームにご記入頂きご送信下さい。
「*」のついたものは必須項目です。
*お申し込み頂いた時点でお申し込み完了といたします。
ポラリスプロジェクトから返信はいたしませんのでご了承ください。
http://my.formman.com/form/pc/jtlfbc6KYEZPZFJm/

<お問い合わせ>
 ポラリスジャパン info@PolarisProject.jp

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆東京都教育庁「防犯教室指導者講習会」で研修を実施
 東京都の公立学校の先生方約1,000名の皆様に「子どもの性が狙われる犯罪:
NPOの活動から見えてくる動向」と題して研修を実施しました。
http://www.polarisproject.jp/programs/training/518-2009-08-04-02-59-03

☆ザ・ボディショップで「ストップ!子どもの人身売買キャンペーン」開催
全国のボディショップさんで、3年間の大きなキャンペーンが始まります。
店頭で配られるパンフには、ポラリスのSOSサイト、相談電話が掲載されています

 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090822dde041040071000c.html
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★ポラリス|女の子のためのSOSサイト http://www.pol214.com/
 悩んでいる女の子に「ひとりじゃないよ」と伝えたい

★冊子「彼女におきていること〜かすかなサインを見逃さないように」
 一般販売中! http://www.polarisproject.jp/news/42-news/279-book

★人身取引関連事件簿 http://www.polarisproject.jp/cases
 子どもの被害が報道されています

★ポラリス・イン・メディア http://www.polarisproject.jp/aboutus/media
★ポラリスコミュ@mixi http://mixi.jp/view_community.pl?id=1374560
*********************************************************************
☆1,000円が可能にする、こんな支援☆ポラリス・パートナー受付中!
http://www.polarisproject.jp/donate
今入会すると、人身取引についての小冊子をプレゼント中!

☆イーココロで、いつものオンライン・ショッピングをポラリスへの支援に
http://www.ekokoro.jp/ngo/polaris/index.html

posted by ジン at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ポラリスプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

ポラリス ポスト Volume 26

★【8月8日(土)16時〜連続セミナー:
     日本での子どもの性の商品化をどう止めるか ポラリスの取り組み】

夏真っ盛り、暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしですか。

6月は映画会、7月にはポラリス・プロジェクト米国事務局長の講演
とイベントが続きましたが、8月は8日(土に)連続セミナー「
子どもの性の商品化を止められるか」が戻ってきます。

今回のセミナーでは、日本での子どもの性の商品化を防止するための
ポラリスの取り組みをご報告します。

2008年度のポラリスジャパンの活動の中から見えてきた子どもたちの状況、
現場から見た子どもたちの性の
商品化について、ご報告します。

また、Q&Aセッションで、皆様から寄せられる質問にスタッフが
お答えします。皆様のご参加をお待ちしています!

※開始時間が16時〜といつもより早くなっていますので、ご注意下さい。

.....................................................................
連続セミナー「子どもの性の商品化を止められるか」第5回
〜ポラリスプロジェクト2008年活動報告〜

<日時>
2009年8月8日(土)16:00〜18:00

<場所>
JICA地球広場 セミナールーム302号室
(東京メトロ日比谷線広尾駅下車3番出口徒歩1分)
地図:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

<講師>
ポラリスジャパン コーディネーター 藤原志帆子

<参加費>
 一般:1,000円、学生:500円 *当日、学生証をご提示下さい。

<申し込み>
以下のフォームにご記入の上、ご送信下さい。
http://my.formman.com/form/pc/jtlfbc6KYEZPZFJm/
*お申し込み頂いた時点でお申し込み完了といたします。
 ポラリスプロジェクトから返信はいたしませんのでご了承ください。
*なお、お席に余裕がある場合は、当日会場でのお申し込みも承ります

<主催・お問い合わせ>
 ポラリスジャパン
 キャンペーンチーム
 TEL:050-3496-7615
 E-mail: info@polarisproject.jp

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆ポラリス・アメリカ事務局長講演に多くの方にご参加いただきました

7月にはポラリス・プロジェクト米国事務局長のマーク・レーゴンが来日しました

兵庫と東京における講演には、たくさん方にご来場いただき、ありがとうござい
ました。
東京工業大学での講演レポートを、大学のホームページに掲載していただい
ています。http://www.soc.titech.ac.jp/~soc-entre/event/report.htm
ポラリスHPでも、報告と講演内容(英語)がご覧になれます。
http://www.polarisproject.jp/news/42-news/512-07162009
☆国連・人身取引に関する特別報告者 来日ニュース

7月12日より人身取引に関する国連特別報告者が来日し、政府、NGO関係者との
面談を通して日本における人身取引に関する調査を行いました。ポラリス・ジャ
パンは
JNATIP(人身売買禁止ネットワーク)のメンバーとして特別報告者とのブリーフ
ィング・
セッションに参加しました。特別当国者による調査は来年の国連人権理事会に報
告される
予定です。

特別報告者関連その他のニュース
http://www.polarisproject.jp/cases/male/102-male/505-2009-07-21-02-34-44
http://www.polarisproject.jp/cases/506-2009-07-22-06-38-18
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★ポラリス|女の子のためのSOSサイト http://www.pol214.com/
 悩んでいる女の子に「ひとりじゃないよ」と伝えたい

★冊子「彼女におきていること〜かすかなサインを見逃さないように」
 一般販売中! http://www.polarisproject.jp/news/42-news/279-book

★人身取引関連事件簿 http://www.polarisproject.jp/cases
 子どもの被害が報道されています

★ポラリス・イン・メディア http://www.polarisproject.jp/aboutus/media
*********************************************************************

☆1,000円が可能にする、こんな支援☆ポラリス・パートナー受付中!
http://www.polarisproject.jp/donate
今入会すると、人身取引についての小冊子をプレゼント中!

☆イーココロで、いつものオンライン・ショッピングをポラリスへの支援に
http://www.ekokoro.jp/ngo/polaris/index.html

*********************************************************************
posted by ジン at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ポラリスプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

「人身売買に関する国連特別報告者、初の公式来日」

女性と子どもの人身売買に関する国連特別報告者ジョイ・
エゼイロ(Joy Ngozi Ezeilo)氏が日本政府の公式招へいで7
月12日から18日まで、来日します。

詳しくは以下のプレスリリース、及びリリースへのURLリンクをご覧ください

また、当団体のアメリカ本部事務局長、マーク・レーゴンが
9日より17日まで来日します。レーゴンは2007〜2009年
アメリカ国務省の人身売買監視対策室長兼担当大使を務めました。
2004年から、日本の取り組みを不十分だと年次報告書で報告している、
あの対策室です。
レーゴン来日中も省庁との会議、そして講演などに参加します。

日本でも、人身取引の一形態である臓器取引に深く関わる臓器移植法、
そして児童ポルノ法の改正案の審議が国会でちょうど行われています。

報道関係者の皆様には、ぜひ、この機会に人身売買問題の現状に
ついてご取材いただきたく、お願い申し上げます。

ポラリスプロジェクト
藤原志帆子

<プレスリリース>
問われる日本の人身売買対策;
人身売買に関する国連特別報告者、初の公式来日
http://polarisproject.jp/images/about/prs/un.pdf

世界の人身売買対策
前米国務省人身売買監視対策室が東京で講演
http://polarisproject.jp/images/about/prs/07162009.pdf

---------------------------------------------
問われる日本の人身売買対策;
人身売買に関する国連特別報告者、初の公式来日

日本は、国際的に人身売買対策が不十分な国として
批判されています。例えば、2001年より米国務省が毎年発表している
人身売買報告書において、日本はロシアと並んで、G8諸国のなかで
唯一、人身売買対策が不十分な国と評価されています。

日本政府は、これまで、2004年12月に国内行動計画を策定、2005年には
刑法、入管法、児童福祉法等の改正を行いましたが、
実効的な人身取引対策は進んでおらず、近年、人身取引のかたちが巧妙化、
多様化するにつれて、人身取引被害者と認定される被害者件数は年々減少してお
り、
政府関係者もこれまでの対策では不十分であることを非公式に認めています。

エゼイロ報告者は来日中、政府関係者、国際機関及びNGO関係者を訪問し、
意見交換を行います。報道関係者の皆様には、ぜひ、この機会にエゼイロ氏
および人身売買問題の現状についてご取材いただきたく、お願い申し上げます。

【スケジュール】
7月12日 NPO合同ブリーフィング (午後2時〜@東京麻布台セミナーハウス

7月13日の週:NGO、国際機関、政府への個別聞き取り
7月15日:関係議員との意見交換会(予定)
7月17日:国連特別報告者公式訪問最終日・記者会見の実施(予定)

お問い合わせ:人身売買禁止ネットワーク
〒143-0016 東京都大田区大森北1-30-1 三喜屋ビル2F てのひら事務局気付 
 
E-mail: jnatip@live.jp
携帯 090-9856-5782(森田明彦:運営委員) (セーブザチルドレン・ジャパン/
シニアアドバイザー)
    090-6001-9623(藤原志帆子:運営委員) (ポラリスプロジェクト日本事
務所事務局長)

-------------------------------------------------
世界の人身売買対策
前米国務省人身売買監視対策室が来日します

2009年7月9日
人身売買禁止ネットワーク

人身売買禁止ネットワーク運営委員団体のポラリスプロジェクトのアメリカ本部
事務局長、マーク・レーゴンが9日より17日まで来日します。

マーク・レーゴンは2007〜2009年アメリカ国務省の人身売買監視対策室長兼担当
大使を務めました。毎年日本でも報道される人身売買年次報告書を担当するのが
この対策室です。
本年2月より人身売買問題に取り組む国際NGOであるポラリス・プロジェクト米国
本部事務局長に就任しました。
世界第二の犯罪産業として、急激に成長している人身取引問題。日本でも、人身
取引の一形態である臓器取引に深く関わる臓器移植法、そして児童ポルノ法の改
正案の審議が国会でちょうど行われています。日本は今年も人身取引対策の最低
限度の基準を満たしていないとの評価をだした年次報告書、この報告書を今年ま
で取りまとめていたレーゴンが、過去28カ国での人身取引問題の調査から今現在
の日本の、世界の人と搾取の流れをお話します。

報道関係者の皆様には、ぜひ、この機会にレーゴンおよび人身売買問題の現状に
ついてご取材いただきたく、お願い申し上げます。
東京工業大学 公開セミナー
「世界の人身取引と闘うポラリスプロジェクト」
日時:2009年7月16日(木)午後6時〜8時
場所:東京工業大学蔵前会館 1階 ロイアルブルーホール (大岡山駅前)
http://www.somuka.titech.ac.jp/ttf/pdf/map.pdf
講演者:Dr.Mark Lagon, ポラリスプロジェクト米国本部事務局長
主催:東京工業大学大学院国際的社会起業家養成プログラム
共催:ポラリスプロジェクト・ジャパン
後援:セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、NPO法人国際社会起業サポートセ
ンター、人身売買禁止ネットワーク(JANTIP)
入場無料 定員100名
参加希望者は、inoue.k.aj@m.titech.ac.jpまでメールでご登録ください。

ポラリスプロジェクト  For a World Without Slavery

______________________________
www.PolarisProject.jp
電話:050-3496-7615 FAX:020-4669-6933
10代のためのSOSサイト:www.Pol214.com
______________________________
「給付金、寄付してみませんか?」
ポラリスは定額給付金基金に参加しています!
http://www.charity-platform.com/kikin/




posted by ジン at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ポラリスプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

ポラリス ポスト Volume 24

★「ジュニアアイドル」の過激DVD アマゾンジャパンが一部販売自粛へ
インターネット上にあふれている、小中学生や高校生が露出度の
高い水着を着たり、性行為を連想させるポーズをとる動画。

出演した子どもたちは、どんな気持ちで撮られたのだろう、
どんな生活を送っているのかなど、考えてしまいます。
18歳未満の少年少女の写真集や映像は「ジュニアアイドル」
作品と呼ばれ、近年過激化しています。中には8歳、9歳の子も・・

子どもが出演している過激な写真集やDVDなどの商品は数多くの
インターネット通販で販売されています。
ポラリスはその中で、インターネット通販大手のアマゾンジャパンで
販売されているDVDと写真集から、児童ポルノともいえる8〜17歳の
日本人の少年少女を対象とした136点の販売中止をお願いしました。

日本では、法律には問題にならなくても、性行為を連想させる写真集や
映像がインターネットを中心に販売され、子どもたちが性的な対象として
商品化されていることは深刻な問題です・・

今回のお願いに対し、5月に84点がアマゾンさんのサイトから削除され、
購入ができなくなっています。アマゾンさんのご理解と対応に感謝します。
ポラリスは今後とも企業のご協力を得ながら、児童ポルノの問題
に取り組んでいく予定です。

なお、アマゾンさんによる販売自粛については、5月18日の産経新聞などで紹介さ
れました。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090518/crm0905180136001-n1.htm

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆5月30日(土)ブラジリアン・コンサートでポラリスを支援しよう!

ポラリス・サポーターとアーティストのご協力により、5月30日(土)に
東京でブラジル音楽とダンスのコンサート「Amor e Simpatia」が開かれます。
(アーティストの方々は海外で活躍している方ばかり!)
ポラリスプロジェクトの活動を紹介させていただくほか、
コンサートで集められる募金は、ポラリスプロジェクトに寄付されます。
初夏の夜、音楽を楽しみながら、身近なところからできることを
一緒に考えませんか?

Amor e Simpatia
日時:5月30日(土)19:00〜22:00
場所:Bar Ricardo http://www.barricardo.com/
東京都港区六本木3-15-24ALSビル1F(Gaspanic Bar/Cafe/Club99の横)
料金:2,500円(ワンドリンク込)

詳しくは、下記をご覧下さい。
http://www.polarisproject.jp/news/42-news/433-2009-05-19-05-41-15

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★6月27日(土)映画上映会「セックス・トラフィック」

6月27日、人身売買ビジネスの実態と欲望の人身売買ネットワークを暴く
衝撃の社会派サスペンス映画「セックス・トラフィック」の無料上映会を、
ポラリスプロジェクト・キャンパーンチームが開催します。
皆様お誘い上、是非ご参加ください。

日時:6月27日(土)14:00〜17:00 (16:30からトークセッションとQ&A)
場所:JICA地球広場ホール(東京メトロ日比谷線広尾駅3番出口徒歩1分)
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
料金:無料(定員200名)
申込:直接会場へお越し下さい(事前申込不要)
お問合せ:ポラリスプロジェクト日本事務所 キャンペーンチーム
E-mail volunteer@polarisproject.jp

※6月のポラリス連続セミナーは映画上映会となります。
5月9日連続セミナー「子どもの性の商品化を止められるか」第4回の報告はこちら
http://www.polarisproject.jp/news/42-news/411-594

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

★冊子「彼女におきていること〜かすかなサインを見逃さないように」
 一般販売中! http://www.polarisproject.jp/news/42-news/279-book

★人身取引関連事件簿 http://www.polarisproject.jp/cases

★ポラリス・イン・メディア http://www.polarisproject.jp/aboutus/media
*********************************************************************
☆定額給付金を、未来を変える寄付金に☆
http://www.polarisproject.jp/news/42-news/345-charityplatform
定額給付金、そろそろ振り込まれましたか?

☆1,000円が可能にする、こんな支援☆ポラリス・パートナー受付中!
http://www.polarisproject.jp/donate
「彼女におきていること〜かすかなサインを見逃さないように」プレゼント中

☆イーココロで、いつものオンライン・ショッピングをポラリスへの支援に
http://www.ekokoro.jp/ngo/polaris/index.html


ポラリスプロジェクト・ジャパン
http://www.polarisproject.jp



posted by ジン at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ポラリスプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

ポラリス ポスト Volume 23

★【5月9日(土)19時〜アートで人身取引被害者のココロに触れるセミナー】


いよいよゴールデン・ウィークですね!
不況で16連休、なんて話も聞こえてきますが、楽しい計画はございますか?
ゴールデンウィーク開けの5月9日(土)、ポラリスの連続セミナー
「子どもの性の商品化を止められるか」 第4回目が開かれます。
東京近辺にお越しの方はぜひ予定に入れておいて下さい!

かものはしプロジェクトの前カンボジアオフィス現地代表、可部さんを
お迎えし、大盛況だった第3回に引き続き、第4回は、東京工業大学特任教授
の森田明彦氏をお迎えして、カンボジアのケースを取り上げます。

第4回のテーマは、今までとちょっと感じが変わって、
「アートを使って、人身取引の被害者の気持ちを感じ取る」。

アートと、人身取引。どんな関係があるの??と思ったアナタ。
ご参加をお待ちしています。

お仕事上暴力の被害者やに会う可能性がある方、また、被害者の気持ちに
寄り添いたい方、カンボジアについてもっとよく知りたい方にも、ぜひ
ご参加を頂ければと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ポラリスプロジェクト連続セミナー「子どもの性の商品化を止められるか」
第4回〜表現アートで学ぶ、子どもの商業的性的搾取と人身売買―
カンボジアの事例〜

《内容》
2006年夏にカンボジアで森田氏が実施した、アートを活用した人身売買
被害者に対するリサーチ・ワークショップの結果を中心に、人身売買の
事例を紹介すると同時に、被害者の気持ち(心の痛み)を感じ取る、
ワークショップの一部を体験します。

アートを活用したワークショップとはどのようなものなのか。
今までのセミナーとは違った視点から人身売買、その被害者について考え、
感じる機会となります。

《講師プロフィール》
東京工業大学特任教授 森田明彦氏  博士(学術)早稲田大学。
外務省、国連開発計画、財団法人日本ユニセフ協会(広報室長)等を
経て現職。
2001年12月に横浜で開催された第2回子どもの商業的性的搾取に反対する
世界会議子ども&若者プログラム責任者。
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、シニア・アドバイザー。

《日時》
 5月9日(土)19:00〜21:00

《場所》
 JICA地球ひろば セミナールーム302号室(広尾駅徒歩1分)

《地図》
 http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

《参加費》
 一般:1,000円、学生:500円 *当日、学生証をご提示下さい。

《申し込み》
以下の申し込みフォームにご記入頂き、ご送信ください。
http://my.formman.com/form/pc/jtlfbc6KYEZPZFJm/
*お申し込み頂いた時点でお申し込み完了といたします。
 ポラリスプロジェクトから返信はいたしませんのでご了承ください。


《主催・連絡先》
 ポラリスプロジェクト キャンペーンチーム
http://www.polarisproject.jp/news/42-news/411-594

*******************************

☆女の子向けSOSサイト「ポラリス」http://www.pol214.com/

今月始めにスタートした、女の子のための相談ホームページ「ポラリス」。
HPに届く相談、電話の状況から、買春やポルノ被害にあう人たちが相談できる場
所が、
今までとても少なかったんだな、と実感しています。

今日28日、共同通信社を通して産経新聞、ロイター通信のほか、
たくさんの地方新聞にも掲載されました。
「未成年のネット相談開始 児童買春やポルノ被害で」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090427/crm0904271716013-n1.htm
(産経新聞)

と同時に、こんな事件も・・・
「新たな闇『家出サイト』…少女狙う“泊め男”、軟禁・暴行も」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090425-OYT1T00086.htm

サイト「ポラリス」では、困っている女の子たちに、「相談していいん
だよ」というメッセージを、どんどん発信して行こうと考えています。

そのために、若い世代や子どもたちがよく利用しているSNS(ソーシャル
・ネットワーキング・サイト)などに連携と協力をお願いし、広報キャン
ペーンを実施していきます。

*******************************

★4月21日、ポラリスプロジェクトは、国際基督教大学ロータリー平和センタ
 ー主催講演会で、日本の人身取引問題の現状について、お話させていただ
 きました。

★冊子「彼女におきていること〜かすかなサインを見逃さないように」
 一般販売中! http://www.polarisproject.jp/news/42-news/279-book

★人身取引関連事件簿 http://www.polarisproject.jp/cases

★ポラリス・イン・メディア http://www.polarisproject.jp/aboutus/media




ポラリスプロジェクト
http://www.polarisproject.jp





posted by ジン at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ポラリスプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

ポラリス ポスト Volume 22

★【4月11日(土)19時〜:カンボジア・子どもの人身売買セミナー

カンボジア。
タイ、ラオス、ベトナムに囲まれた、世界遺産アンコールワット遺跡が
有名な国です。旅行したこと、ありますか?

日本から年間15万人が訪れる美しい国、カンボジアでも、子どもの人身売買
が、はびこっています。

数年前、NGOの東南アジア・スタディ・ツアーに参加した日本の大学生が、
カンボジアで児童買春の問題を目にしました。
強制的に売春宿で働かされ、時にはドラッグでコントロールされる
子どもたち。HIV/AIDS感染も、子どもたちの間で広がっています。

「この問題を何とかしなくては!」という一人の大学生の強い決意に、仲間
が集まって、カンボジアで児童買春問題に立ち向かうNPOが生まれました。

ポラリスプロジェクト連続セミナーの第3回では、カンボジアで活動する日本
のNPO「かものはしプロジェクト」から講師をお迎えします。

ポラリスは日本で、かものはしプロジェクトはカンボジアでと活動の舞台は
違いますが、人身売買をなくしたい!という思いは同じ。

わたしたちには、何が出来るか、一緒に考えましょう!
4月11日(土)の19時からのセミナーへのご参加、お待ちしています。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ポラリスプロジェクト連続セミナー「子どもの性の商品化を止められるか」
第3回〜カンボジアの人身売買現状〜

《概要》
日本国内の子どもに限らず、国外にも体を「売る」ことを余儀なくされて
いる子どもたちがいます。今回のセミナーでは、特に途上国に焦点をあて、
国際的な視点で子どもの商品化について、また私達ができることを提案
していきます。

今回は、最近ソーシャル・ビジネスとしても高い評価を得ながら、
カンボジアでの商業的な性的搾取、人身売買、児童買春の防止活動を
行っている「かものはしプロジェクト」から可部州彦氏を講師として
お招きします。2005年から2008年までカンボジアオフィス現地代表を
なさった可部氏に、現地滞在経験に基づいた詳しいお話を聞いて
みませんか?

かものはしプロジェクトHP: http://www.kamonohashi-project.net/

《日時》
 4月11日(土)19:00〜21:00

《場所》
 JICA地球ひろば セミナールーム301号室(広尾駅徒歩1分)

《地図》
 http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

《講師プロフィール》
特定非営利活動法人 かものはしプロジェクト 可部州彦氏
・2008年〜現在 かものはしプロジェクトサポーター事業部
・2005年〜2008年 かものはしプロジェクトカンボジアオフィス現地代表
かものはし参加以前
・アメリカ カリフォルニア州政府 社会保障政策CalWORKsプログラム

《参加費》
 一般:1,000円、学生:500円 *当日、学生証をご提示下さい。

《申し込み》
以下の申し込みフォームにご記入頂き、ご送信ください。
http://my.formman.com/form/pc/jtlfbc6KYEZPZFJm/ 
*お申し込み頂いた時点でお申し込み完了といたします。
 ポラリスプロジェクトから返信はいたしませんのでご了承ください。
*なお、お席に余裕がある場合は、当日会場でのお申し込みも承ります

《主催・連絡先》
 ポラリスプロジェクト日本事務所
 キャンペーンチーム
 TEL:050-3496-7615
 E-mail: volunteer@polarisproject.jp

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★女の子むけSOSサイト「ポラリス」開始です http://www.pol214.com/
 開設の記者会見が先週NHK等でも紹介されました!
 http://www.polarisproject.jp/news/42-news/353-04022009

★冊子「彼女におきていること〜かすかなサインを見逃さないように」
 一般販売中! http://www.polarisproject.jp/news/42-news/279-book

★人身取引関連事件簿 http://www.polarisproject.jp/cases

★ポラリス・イン・メディア http://www.polarisproject.jp/aboutus/media
*********************************************************************
☆定額給付金を、未来を変える寄付金に☆定額給付基金に参加しています
http://www.polarisproject.jp/news/42-news/345-charityplatform

☆1,000円が可能にする、こんな支援☆ポラリス・パートナー受付中!
http://www.polarisproject.jp/donate
「彼女におきていること〜かすかなサインを見逃さないように」プレゼント中
☆イーココロで、いつものオンライン・ショッピングをポラリスへの支援に
http://www.ekokoro.jp/ngo/polaris/index.html

*********************************************************************
posted by ジン at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ポラリスプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

【4月11日】第3回連続セミナー「子どもの性の商品化を止められるか」講師にかものはしプロジェクトの可部氏

【第3回】〜カンボジアの人身売買現状〜

《概要》

日本国内の子どもに限らず、国外にも体を「売る」ことを余儀なくされている子どもたちがいます。今回のセミナーでは、特に途上国に焦点をあて、国際的な視点で子どもの商品化について、また私達ができることを提案していきます。

今回は、最近ソーシャル・ビジネスとしても高い評価を得ながら、カンボジアでの商業的な性的搾取、人身売買、児童買春の防止活動を行っている「かものはしプロジェクト」から可部州彦氏を講師としてお招きします。2005年から2008年までカンボジアオフィス現地代表をなさった可部氏に、現地滞在経験に基づいた詳しいお話を聞いてみませんか?

かものはしプロジェクトHP: http://www.kamonohashi-project.net/

《日時》

 4月11日(土)19:00〜21:00


《場所》

 JICA地球ひろば セミナールーム301号室(広尾駅徒歩1分)


《地図》

 http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html


《講師》

特定非営利活動法人 かものはしプロジェクト 可部州彦氏

・2008年〜現在 かものはしプロジェクトサポーター事業部

・2005年〜2008年 かものはしプロジェクトカンボジアオフィス現地代表

かものはし以前

・アメリカ カリフォルニア州政府 社会保障政策CalWORKsプログラム

《参加費》

 一般:1,000円、学生:500円 *当日、学生証をご提示下さい。


《申し込み》

 以下の申し込みフォームにご記入頂き、ご送信ください。

http://my.formman.com/form/pc/jtlfbc6KYEZPZFJm/ 

*お申し込み頂いた時点でお申し込み完了といたします。ポラリスプロジェクトから返信はいたしませんのでご了承ください。

 *なお、お席に余裕がある場合は、当日会場でのお申し込みも承ります


《主催・連絡先》

 ポラリスプロジェクト日本事務所

 キャンペーンチーム

 TEL:050-3496-7615

 E-mail: volunteer@polarisproject.jp
posted by ジン at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ポラリスプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

ポラリス ポスト Volume 20 号外!

ポラリスと協力機関は、子どもへの買春やポルノ被害など、
性犯罪被害防止のサイトを開設しました☆
1日に行われた記者会見の様子が、
今朝のNHKニュースとBS1ニュースで報道されました。

(こちらからニュースがご覧になれます)
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015127541000.html#

---------------------------------------------------------------------

「子ども性被害防止で相談HP」 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015127541000.html#

急増する児童ポルノや児童買春などの被害を防ごうと、
東京のNPOが少女からの相談に応じる専用のホームページを
開設しました。ホームページを開設したのは、
性的な被害を受けた女性を支援している
東京のNPO「ポラリスプロジェクト」です。

新しいホームページには「援助交際をしたら捕まるか」、
「裸の写真を撮られたらどうしたらよいか」といった問題への
対応が掲載されているほか、メールや匿名の掲示板で少女からの
相談にも応じます。また、被害が深刻な疑いがあるときは、
警察や弁護士などとも連絡を取って、解決に向けた支援をします。
携帯電話のサイトなどへの書き込みをきっかけに、
少女がわいせつな写真や影像を撮られたり風俗店で働かされたりする
被害は急増していて、警察庁のまとめでは、
去年の児童ポルノの被害者は過去最悪の351人に上っています。
児童ポルノや児童買春などの被害の相談に応じる
専用のホームページは初めてで、「ポラリスプロジェクト」は
「恥ずかしさや後ろめたさから一人で悩みを抱えている
子どもが多いが、被害が深刻になる前に活用してほしい」と
呼びかけています。「ポラリスプロジェクト」のホームページアドレスは、http://www.pol214.com/

--------------------------------------------------------------

賛同し協力いただいた企業・団体・個人の皆さんに感謝します!
これからうまく子どもに情報が届けば、
買春やポルノ被害の早期発見につながるはずです。

子どもを「子供」でなく子どもという表記で
報道してもらったこともうれしかったり・・・

これからもいろいろな人の助けを頂ながら、
新しい相談サイトを運営していきます。
どうぞよろしくお願いします!


http://www.polarisproject.jp/

==============================================================
posted by ジン at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ポラリスプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

ポラリス ポスト Volume 21

★【人身取引って何?「いま、彼女に起きていること」】

ポラリス・プロジェクトが立ち向かっている女性や子どもの「人身取引」問題。

「人身取引って何?」と聞かれると、一言で説明するのがとても難しい、とポラリスのスタッフもいつも感じています。

みなさんは、この言葉に、どんなことを思い浮かべますか?

私は、初めて「人身売買」と聞いたときは、「昔々、さらわれて、船に乗せられて、売られて・・・?」なんていうイメージしかわきませんでした。
でも、被害者の体験談からは、「プチ家出」「借金」「援助交際」「割のいいバイト」なんて、耳慣れた言葉が聞こえてきます。

「人身取引」って何?そもそも日本の話?という素朴な疑問に答えるために、
現場で働く方々が、「被害者」に出会った時に、これは人身取引かも?と
思えるようになるために、ポラリス・プロジェクトでは、冊子を作りました。
出来るだけわかりやすく!と呪文のように唱えながら執筆しました。

編集もデザインも、女性誌の編集者さんや、現役美大生さんにお願いし、読みやすく手にとりやすいものにしました!

【NEW!】本冊子が埼玉県K高校(1,2年生)での人権教育の図書に使用されています

【NEW!】都内のM区医師会を通じて、都内医療機関に当冊子が配布されます!

「いま、彼女に起きていること」一冊1,500円+送料 (140円) 
★売り上げは制作費を差し引き、ポラリスの支援活動に寄付されます。
また、ホームページからダウンロードして読むことが出来ます。

詳しくは・・・
http://www.polarisproject.jp/news/42-news/279-book

☆この冊子は、ザ・ボディショップ基金から一部助成のもと製本されました

今、ポラリス・パートナー(毎月1,000円からの継続支援)になって
いただくと、冊子「いま、彼女に起きていること」をもれなく
プレゼントしています!
http://www.polarisproject.jp/news/49-donation/259-howyoucanhelp
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

☆【3月15日】ポラリス・プロジェクト連続セミナー
「子どもの性の商品化を止められるか」第2回〜天使たちのおいた〜

3月8日は国際女性の日、ってご存知でしたか?

1904年の同じ日に、ニューヨークで、市民が女性の参政権を要求してデモを起こしたことを記念、してとか。

ロシアでは、男性から女性に花を贈る日、女性同士小さなプレゼントを贈る日になっているそうです。

国際女性の日を記念して、3月には各国で女性や女の子に対する暴力を
考えるイベントが多く開かれます。

国際女性の日のある3月。
ポラリス・プロジェクト連続セミナー「子どもの性の商品化を止められるか」の第2回目は、

「なぜ、少女たちは自分の体を『売る』の?」

という問いを一緒に考えます。

ぜひご参加下さい!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ポラリスプロジェクト連続セミナー「子どもの性の商品化を止められるか」
第2回〜天使たちのおいた〜

《概要》
なぜ、子どもたちは自分の体を「売る」のでしょうか?
今回のセミナーでは、「日本の子どもたち」に焦点をあて、
社会福祉法人カリヨン子どもセンター理事・ホーム長の加藤實氏
が虐待や育児放棄を経験した子ども、「援助交際(売春)」を行う子ども、非行に走る子ども、など様々な困難を抱える子どもたちの心、
そして私たちが今すぐ出来ることを提案していただきます。

*カリヨン子どもセンターとは?
カリヨン子どもセンターでは、日本で初めてできた、民間の子どものシェルターです。
カリヨンには、以下のような子どもたちが緊急に逃げ込むための支援があります

・家庭での親子関係が崩れ、あるいは虐待にあい、安全に暮らせない子ども。

・児童養護施設を卒園し自立したものの、困難に直面し、帰る場所を失ってしまった子ども。

・少年犯罪を起こし、引き受けるおとながいないために入らなくてもよいのに少
年院に送られてしまう子ども。

《講師プロフィール》
社会福祉法人カリヨン子どもセンター理事・ホーム長 加藤實氏
サラリーマン生活の後に警備会社の社長を務めていた時に、世の中に多発しているDV、児童虐待に触れ社会福祉士の資格を取り、同時にシェルター開設時のカリヨン子どもセンター理事長の坪井と知り合いこの世界へ。
カリヨン子どもセンターHP:http://www.h7.dion.ne.jp/~carillon/

《日時》 3月15日(日)19:00-21:00

《場所》 JICA地球ひろば セミナールーム302号室(広尾駅徒歩1分)

《地図》 http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

《参加費》
 一般:1,000円、学生:500円 *当日、学生証をご提示下さい。

《申し込み》
 以下の申し込みフォームにご記入頂き、ご送信ください。
 http://my.formman.com/form/pc/jtlfbc6KYEZPZFJm/
 *お申し込み頂いた時点でお申し込み完了といたします。
ポラリスプロジェクトから返信はいたしませんのでご了承ください。
 *なお、お席に余裕がある場合は、当日会場でのお申し込みも承ります

《主催・連絡先》
 ポラリスプロジェクト日本事務所
 キャンペーンチーム
 TEL:050-3496-7615
 E-mail: volunteer@polarisproject.jp

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

★[講演]韓国・延世大学にて「アジアの人身取引」問題をお話しました
http://www.polarisproject.jp/news/42-news/308-yonsei
★人身取引関連事件簿
http://www.polarisproject.jp/cases
★ポラリス・イン・メディア
http://www.polarisproject.jp/aboutus/media

********************************************************************
posted by ジン at 13:51| バンコク ☁| Comment(0) | ポラリスプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。